サンテスト株式会社

磁歪式リニアセンサ

コントローラ
GYDC-05 デジタルコントローラ

マグネットの位置を最小分解能1μmのデジタル出力(パラレル)を達成し、

同時に位置または速度(オプション)のアナログ出力も可能としたコントローラです。

オプションでSSI、インクリメンタル出力も追加できます。

(パラレル出力のみ必要な方は、「GYDC-S1」をお選び下さい。)
また2個のマグネットを使用して2点間距離や各々の位置を出力できます。

オプションで高速サンプリングや、PNP出力の対応も可能です。

また別売の機器(ソフト付き)(型式:GPM)により客先でゼロ/フルスケール点の調整、

及び分解能や出力方向の変更が可能です。

ノイズキャンセル機能
GPM設定
オートキャリブレーション対応

【オートキャリブレーション】
オートキャリブレーション対応のプローブ(GYSE-R, GYMR6, GYKMR, GYRHP-MR6)と組合わせた場合、

センサ交換時に発生するズレ(センサの個体差による誤差)を自動的に無くなりますので、

互換性を高めることが出来ます。

<ダウンロードファイル>
・GY総合カタログ「GY20-015J」:56ページ、57ページ

・取説(日本語):2018年5月10日 第30B版

・取説(英語):2018年5月10日 第11版

・CADデータ:GYDC-05_cad.dxf

GYDC-05 デジタルコントローラ写真

こんな方にオススメです

  • GYセンサ用のデジタル出力のコントローラをお探しの方
  • SSI出力, A/B相パルス出力のコントローラをお探しの方
  • オプションでPNP出力に対応可能
  • 特長・機能
  • 仕様
  • 同カテゴリ製品との比較

製品の特長

パラメータの自由設定

別売の機器(ソフト付き)(型式:GPM)により 客先でゼロ/フルスケール点の調整、出力方向の変更が可能です。

オートキャリブレーション

オートキャリブレーション対応のプローブ(GYMR6, GYSE-R, GYKMR, GYRHP-MR6)と組合わせた場合、
センサ交換時に発生するズレ(センサの個体差による誤差)が自動的に無くなりますので、
互換性を高めることが出来ます。

性能

仕様

デジタル位置出力
(24bit)
パラレル、バイナリ(*1)、負論理(*2)
(オプション:SSIまたはA/B相パルス出力追加)
デジタル分解能 標準0.01mm(最小0.001mm)(*3)
0.1mm(*4)
アナログ位置出力
(OUT1)(OUT2)
0~10V
(負荷電流Max.5mA、負荷抵抗Min.2kΩ)
または 4~20mA(負荷抵抗Max.500Ω)
アナログ分解能 16bit(1/65536)(*3)
0.01%FS以下(*4)
アナログ速度出力
(OUT2)(オプション)
±10V または 4~20mA 警報出力(*5) オープンコレクタ 0.1A 30VDC
供給電源 標準:+24VDC±5%(150mA以下) 走査周波数 標準1kHz(ストローク1000mmまで)(*6)
温度特性 ±10ppmFS/℃以下 使用温度範囲 0~65℃
保存温度範囲 -20~75℃
オプション品 GPM設定器

・上記精度は有効ストローク300mm以上のセンサに適用されます。300mm未満のセンサは300mmのセンサ仕様と同等になります。
(*1)客先でグレイへ変更可能
(*2)Tr On時:出力「0」
(*3)プローブ:GYMR6, GYSE-R, GYcRS, GYMR5, GYFRS, GYKM-RS, GYKMR, GYRHP-MR6接続時
(*4)プローブ:GYMS, GYGS, GYPM, GYPMR, GYPE2K, GYHR, GYHTR, GYcRP接続時
(*5)ケーブル断線及びマグネット外れ
(*6)サンプリング周波数は、オプションで最大3.75kHzまで高速化することが可能です。(但しストロークに依存します。)

型式

①デジタル出力
1:標準(パラレル出力、バイナリ、負論理)
2100:疑似インクリメンタル出力の追加(パルス周波数:1MHz)
2200:疑似インクリメンタル出力の追加(パルス周波数:500kHz)
   (②分解能:D7, D8の時の標準)
2300:疑似インクリメンタル出力の追加(パルス周波数:250kHz)
   (②分解能:D2~D5の時の標準)
2400:疑似インクリメンタル出力の追加(パルス周波数:125kHz)
2600:疑似インクリメンタル出力の追加(パルス周波数:31kHz)
2700:疑似インクリメンタル出力の追加(パルス周波数:15kHz)
005A:非同期SSI出力の追加
005S:同期SSI出力の追加


・選択した分解能とパルス周波数により、マグネットの最大速度が異なります。標準設定時の速度は下表の通りです。

分解能パルス周波数マグネット最大速度
0.1mm250kHz(※)15m/sec
0.05mm250kHz(※)15m/sec
0.01mm250kHz8m/sec
0.005mm250kHz4m/sec
0.002mm500kHz3.2m/sec
0.001mm500kHz1.6m/sec
※ノイズキャンセル機能の制約による

(注)A/B相パルス出力とSSI出力の両方とも出力することは可能です。その場合の型式は、例えば「225A」となります。


②分解能
D2:0.1mm
D3:0.05mm
D4:0.01mm
D5:0.005mm
D7:0.002mm
D8:0.001mm

・プローブ:GYMR6, GYSE-R, GYcRS, GYMR5, GYFRS, GYKM-RS, GYKMR, GYRHP-MR6, EX-GYdT-Rの場合は、「D4」が標準
・プローブ:GYGS, GYMS, GYPM, GYPE2K, GYPMR, GYcRP, GYHR, GYHTR, EX-GYdS-RPの場合は、「D2」のみ


③出力方向
D:マグネットが先端へ移動時増加
R:マグネットが先端へ移動時減少


②接続プローブ
R6:GYMR6プローブ
SR:GYSE-Rプローブ
RS:GYcRSプローブ
RP:GYcRPプローブ
R5:GYMR5プローブ
FS:GYFRSプローブ
HR:GYHRプローブ
HTR:GYHTRプローブ
GS:GYGSプローブ
PM:GYPMプローブ
MS:GYMSプローブ
PR:GYPMRプローブ
P2:GYPE2Kプローブ
KRS:GYKM-RSプローブ
KMR:GYKMRプローブ
RHPMR6:GYRHP-MR6プローブ
ESP:EX-GYdS-Rプローブ
ETS:EX-GYdT-Rプローブ
I4:IGY4プローブ


⑤有効ストローク(mm)


⑥根元デッドゾーン(mm)
S:30mm/50mm(標準)
mm
・マグネット(フロート)との組合せで、対応できる寸法が異なります。
・接続プローブにより標準の寸法が異なります。


⑦組合せマグネットまたはフロート

マグネットフロート
MG0:No.Φマグネット
M0SM:No.ΦSPMマグネット
M0LM:No.ΦLPMマグネット
M2P:No.2Pマグネット
M2PN:No.2PNマグネット
M3:No.3マグネット
M11:No.11マグネット
M11N:No.11Nマグネット
T142:No.T14-M2マグネット
T144:No.T14-M4マグネット
T162:No.T16-M2マグネット
T163:No.T16-M3マグネット
BA:No.2KYN-17-LGマグネット
F28S:Φ28SUS316Lフロート
F30S:Φ30SUS316フロート
F40S:Φ40SUS316(B)フロート
F42S:Φ42.5球SUS316フロート
F50S:Φ50SUS316Lフロート
F54S:Φ54SUS304フロート
F25N:RF-A10プラスチックフロート
F28N:RF-A6プラスチックフロート

・上記以外のマグネット/フロートは、別途ご相談下さい。
・この型式はプローブと組合せるマグネット/フロートを指定するのみ。
・マグネット/フロートが必要な場合は、別途ご注文下さい。


⑧アナログ位置出力(OUT1)
AD:0~10V(ロッド先端へ移動時、増加動作)
AR:10~0V(ロッド先端へ移動時、減少動作)
BD:4~20mA(ロッド先端へ移動時、増加動作)
BR:20~4mA(ロッド先端へ移動時、減少動作)
CD:バイポーラ出力(-~+V)
    (例えば CD10:-10~10V)
CR:バイポーラ出力(~-V)
    (例えば CR10:10~-10V)
V Z/F:指定値電圧
   (例えば V1/5:1~5V、V9.5/0.5:9.5~0.5V)
I Z/F:指定値電流
   (例えば I5.2/20:5.2~20mA、I18/5:18~5mA)
【Z=ゼロ点(根元)の出力値、F=フルスケール点(先端)の出力値】


⑨アナログ出力の追加オプション(OUT2)
・N:オプション不要(標準)
・位置出力の場合:⑧から選択
・速度出力の場合(注1)
 VA[  ]:±10V
 WB[  ]:4~20mA
 [  ]:最大速度(1.00~999mm/sec)
  <有効数字3桁、小数点はRで表記>

(注1)
VAはマグネット停止時に0V、プローブ先端へ移動時に+10Vです。
 (プローブ根元へ移動時に-10Vです。)
WBはマグネット停止時に4mA、移動方向に関係なく
 最大速度時に20mAです。


⑩オプション
2ME:2点各々の位置データ出力(アナログ出力)
2MR:2点間の位置データ出力(OUT1のみ。アナログ出力)
X2:2kHzサンプリング(ロッド全長:750mm以下)
X3:3kHzサンプリング(ロッド全長:600mm以下)
X4:3.75kHzサンプリング(ロッド全長:450mm以下)

P:PNP出力
HS:防湿絶縁材コーティング

外形寸法図

コントローラ   結線表    
拡大する 拡大する

■標準:出力コネクタ単品付き(住友3M製10136-3000PE)
■オプション:3mケーブル付き出力コネクタ(型式:CN-DC05-3

コントローラ

製品名 - - - - - - - -
GYDC-05 デジタルコントローラ

サンテスト

カタログPDF

パラレル
A/B相パルス
SSI
電圧
電流
- - - - - - -
GYDC-S1 デジタルコントローラ

サンテスト

カタログPDF

パラレル - - - - - - -
IRDS-GY

サンテスト

カタログPDF

スレーブ 磁歪式リニアセンサ変換器 GYセンサ変換器(1軸または2軸) 4 16 16 - -
DC-Q-G

サンテスト(ブランド名:JCC)

カタログPDF

MELSEC-Q
ビルトイン
- - - - - - -
GYHC アナログコントローラ

サンテスト

カタログPDF

電圧
電流
- - - - - - -
GYFC2 コントローラ

サンテスト

カタログPDF

電圧
電流
- - - - - - -

データダウンロード

  • カタログ
  • 取扱説明書
  • 取扱説明書
  • CADデータ
電話でのお問い合わせ・資料請求
06-6465-5561
メールでのお問い合わせ・資料請求
  • お問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ

アンケート

ページトップへ