サンテスト株式会社

インテリジェント・リモートデバイスシステム

耐環境型リニアエンコーダ(GMR)アンプ

インテリジェント・リモートデバイスシステム
IRDS-VR-L

本モジュールは、IRDシリーズのGMRセンサ(耐環境型リニアエンコーダ)変換器モジュールです。

GMRセンサシリーズを最大2軸まで接続でき、スリーブ位置を任意の分解能で変換します。

<特長>

・IRDS-VR10-L:1軸のGMRセンサの位置データを取得

・IRDS-VR20-L:2軸のGMRセンサの位置データを取得

・IRDマスタモジュールを通して産業用ネットワーク

 (CC-Link, CC-Link IE Field, EtherNet/IP, EtherCAT, PROFIBUS)へ転送

・他のスレーブモジュールからアナログ出力(IRDS-AIO, IRDS-AO4)またはディジタル出力(IRDS-DO

・マスタモジュールを通して、産業用ネットワーク上位機器

 または専用Windowsソフトウェア(IRD Manager)から内部設定を変更

・産業用ネットワーク上位機器またはIRD Managerにてプリセット入力フラグ/警報出力フラグ

 (IRDS-VR10-L-Z のみ外部プリセット入力/警報出力有)

・上下限のリミット出力機能:しきい値を任意で設定可能

・自己診断機能:センサ接続異常、モジュール電源異常

・RoHS指令対応

<ダウンロードファイル>

・カタログ(日本語):2016030500G版

・カタログ(英語):202005G

・取説(日本語):2014年9月2日 初版

・CADデータ:IRDS-VR-L.dxf

IRDS-VR-L写真

こんな方にオススメです

  • GMRセンサを産業用ネットワーク(CC-Link, CC-Link IE Field, EtherNet/IP, EtherCAT, PROFIBUS)で取り込みたい方
  • GMRセンサで、接点信号を出力したい方
  • 特長・機能
  • 仕様
  • 同カテゴリ製品との比較

製品の特長

産業用ネットワークシステム

産業用ネットワーク通信機能を持つマスタモジュールは、全てのスレーブモジュールデータを一括して
産業用ネットワーク(CC-Link, EtherNet/IP, PROFIBUS, EtherCAT)に転送し、
上位機器(PLCやPC)とのデータ交換を行えます。

自動転送

自動転送は、上位機器による処理を必要とせず、スレーブモジュール間で自律的にデータ交換する機能です。
この機能により、産業用ネットワークや上位機器の転送処理遅延はなく、
高速(0.2~2.4msec、構成モジュール数や種類による)でデータの転送が可能です。

性能

仕様

位置検出軸数 IRDS-VR10-L:1軸
IRDS-VR20-L:2軸
データ 符号付き32bitバイナリデータ
(13bitアブソリュート+19bitピッチカウント値)
検出可能速度 最大64m/s 更新周期 0.2ms

型式

外形寸法図

     
拡大する

インテリジェント・リモートデバイスシステム

製品名 区分 モジュール種別 機能 消費メモリブロック 入力バイト数 出力バイト数 特長 -
IRDS-VR-L

サンテスト

カタログPDF

スレーブ 耐環境型リニア
エンコーダ
変換器
耐環境型GMR
センサ変換器
(1軸,2軸)
4 16 16 - -

耐環境型リニアエンコーダ(GMR)アンプ

製品名 - - - - - - - -
IRDS-VR-L

サンテスト

カタログPDF

スレーブ 耐環境型リニア
エンコーダ
変換器
耐環境型GMR
センサ変換器
(1軸,2軸)
4 16 16 - -
DC-Q-L

JCC(製造元:サンテスト)

カタログPDF

セミアブソリュート方式 GMR2,GMR3 6.25μm 1ms - - - -

データダウンロード

  • カタログ
  • 取扱説明書
  • カタログ(英語)
  • CADデータ
電話でのお問い合わせ・資料請求
06-6465-5561
メールでのお問い合わせ・資料請求
  • お問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ

アンケート

ページトップへ