サンテスト株式会社

衝撃データロガー

計測機器

衝撃データロガー
IMPAK-02

静電容量素子を採用した加速度センサにより物流中に生じる衝撃を常時監視。

予め設定された検出しきい値を超える衝撃を発生日時と共に内蔵不揮発性メモリに保存します。

記録時間は1秒から60分まで設定可能であり、その間に計測された最大の衝撃値を記録します。

充電電池を使用し、フル充電で約30日間(前提:1分1衝撃)継続して記録できます。

記録終了後はUSBケーブルでPCと接続するだけで記録データが即時に一覧、グラフ化されます。

CSV・Excelファイルで出力し、自由にデータ解析することも可能です。

また、IMPAK-02で追加されたアラーム出力を利用することで、
プレスなど機械設備にある衝撃値以上の衝撃が加わった際に、
設備を強制終了させる「予測保全」にもご使用頂けます。

<ダウンロードファイル>

・カタログ(日本語):2018年8月31日 第2版

・取説(日本語):2021年11月22日 第11版

・取説(英語):2021年11月22日 Ver.2.7E

・設定ソフトウェア:ViewPak02.zip

IMPAK-02写真

こんな方にオススメです

  • 衝撃データロガーをお探しの方
  • 物流中のトラブルでお困りの方
  • 特長・機能
  • 仕様
  • 同カテゴリ製品との比較

製品の特長

物流中に生じる衝撃を常時監視!

静電容量素子を採用した加速度センサにより物流中に生じる衝撃を常時監視。
予め設定された検出しきい値を超える衝撃を発生日時と共に内蔵不揮発性メモリに保存します。

付属ソフトViewPak-02

記録終了後はUSBケーブルでPCで接続するだけで記録データが即時に一覧、グラフ化されます。
またCSV・エクセル形式に出力し、自由にデータ解析することも可能です。

仕様

記録項目 X / Y / Z軸衝撃値、発生日時 測定レンジ 16G(他軸感度±1%)
検出しきい値設定 0.5G~14.9G(各軸共通) 警告値設定 検出しきい値~14.9G(各軸独立)
軸数 3軸 記録データ 100万データ
記録間隔 1秒~60分の8種類から選択 分解能 0.1G
精度 ±0.2G 周波数特性 サンプリング周波数による
記録メモリ 内蔵フラッシュメモリ PCインターフェイス USB Ver1.1
電池 Ni-MH 単4相当x2 電池寿命 約400回の充電
連続測定時間 約30日(フル充電状態、1分間に1衝撃を記録時) 使用温度範囲 -5℃~45℃(結露不可)
保護等級 IP63(ビニルキャップ取付時)
IP67(防水キャップ取付時)(オプション)
付属品 ソフトウェア「ViewPak-02」、USBケーブル、
ビニルコネクタキャップ
質量 約420g

型式

アクセサリ(オプション)
●防水コネクタキャップ
●外部バッテリケース
●プリンタ接続ケーブル

外形寸法図

     
拡大する

衝撃データロガー

製品名 記録項目 測定レンジ 分解能 精度 記録間隔 記録データ数 連続測定時間 使用温度範囲
IMPAK-02

サンテスト

カタログPDF

X/Y/Z軸
衝撃値
発生日時
16G 0.1G ±0.2G 1秒~60分の
8種類から選択
100万データ 約30日
(外部バッテリ
接続可能)
-5~45℃
(結露不可)

計測機器

製品名 - - - - - - - -
IMPAK-02

サンテスト

カタログPDF

X/Y/Z軸
衝撃値
発生日時
16G 0.1G ±0.2G 1秒~60分の
8種類から選択
100万データ 約30日
(外部バッテリ
接続可能)
-5~45℃
(結露不可)

データダウンロード

  • カタログ
  • 取扱説明書
  • 取扱説明書
  • 設定ソフトウェア
電話でのお問い合わせ・資料請求
06-6465-5561
メールでのお問い合わせ・資料請求
  • お問い合わせ
  • 資料請求
ページトップへ

アンケート

ページトップへ